Home » コンテンツ紹介 » 最上川物語 「鹿ノ沢物語」

コンテンツ紹介余暇通信 

最上川物語 「鹿ノ沢物語」

滝良子さん朗読による次は、最上川物語 「鹿ノ沢物語」!
「黒森の国」と「三ッ森の国」という2つの鹿の国は一つの沢を巡り対立していました。そんななか黒森の王子タクは三ッ森の王女イメは恋に落ちてしまいます。やがて「黒森の国」と「三ッ森の国」は、沢と王の後継者の座を巡って一騎打ちによる決着をつけることになります。黒森の国は王子タクが、三ッ森の国はタユナというたくましい男鹿が対決する事になりました。この両者の決着は、またタクとイメの恋の行方はどうなるのでしょうか…堀 貞一郎1929年、東京生まれ。1953年日本電報通信社(後の電通)入社。ラジオ、テレビのプロデューサーとして活躍。70年の大阪万国で企画プロデュースや、72年東京ディズニーランドの誘致に尽力、総合プロデュー サーとして立ち上げに携わる。2006年「波切石平」で東京・世田谷文学賞を受賞。日本観光学会特別顧問。(C)2011余暇通信社


Copyright(c) 2016 余暇通信 All Rights Reserved.