Home » コンテンツ紹介 » 多治見ものがたり「川中時四郎」

コンテンツ紹介余暇通信 

多治見ものがたり「川中時四郎」

滝良子さん朗読による次は、多治見ものがたり「川中時四郎」!

岐阜県の多治見を舞台にした現代の民話です。武士として成功を望みながら戦いに敗れた時四郎は、命からがら故郷・多治見にたどり着きましたが、昔の面影は少しも残っていません。空しさから自ら命を絶とうとしたその時、白髪の老人が現れました。老人は彼を茶室に招き、一つの言葉を託します。その日から彼は陶工を志し、厳しい修行に耐えて一人前になりましたがどうも満たされません。そこから彼は老人の言葉の真の意味をとらえるための修業を重ねます。果たしてその結末は?。名手、滝良子さんの朗読でお届けします。
作者の 堀貞一郎氏(1929年〜2014年2月)は東京生まれ。1953年日本電報通信社(後の電通)入社。東京ディズニーランドの誘致に尽力、総合プロデュー サーとして立ち上げに携わる。2006年「波切石平」で東京・世田谷文学賞を受賞。日本観光学会特別顧問。

iTunes Store のリンク。

https://itunes.apple.com/jp/audiobook/duo-zhi-jianmonogatari-chuan/id481295801?uo=4 


Copyright(c) 2015 余暇通信 All Rights Reserved.